« ミッチー王子 | トップページ | ナマケモノの赤ちゃん »

2009.03.20

サムライの星

「彼も人間なんだな」

そう、原監督が感じたほど、

昨日のキューバ戦での成果に、イチロー選手は喜んでいたという。 

 

誰もが、

調子がいい時や軌道に乗っている時は、

心に余裕があるから本音を語りやすい。

その一方で、

心理的に崖っぷちに追い詰められている状況にあれば、

イライラして誰かに当たりたくなるし、

誰とも目を合わせたくないし、

誰とも口を聞きたくないものだと思う。

 

サムライジャパンのキャプテンという重責を背負い、

結果を出してチームを引っ張りたいという強い意志に反し、

結果が伴わない苦しみ。

まさにその心境にいる、イチロー選手。

 

自らに向かう腹立たしさ、悔しさ、怒り、悲しみに、

折れそうになる心を、

必死に律しているのが、

ブラウン管を通しても痛いほど伝わってくる。

 

 

できることなら受けたくない試合後のインタビューに違いない。

それでも彼は、

偽らざる本音を取り乱さずに語るのだ。

その姿に深い感動を覚える人も多いだろう。

 

サムライジャパンのキャプテンは、

その生き様で、

前に進む勇気を失いかけている多くの人々を、

勇気付けているように思うのだった。

 

 

「ボンちゃん。照る日も、曇る日も、嵐の日もあるんだよね。いろんな日があるけど、それでも前を向いて歩くしかない。それが生きるってことなんだろうね」

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ミッチー王子 | トップページ | ナマケモノの赤ちゃん »