« 月誕生日 | トップページ | 偉大なる野良猫様 »

2009.03.14

ゴリラの赤ちゃん

San Fracisco Zoo's website掲載の情報によれば、

同動物園で、2008年12月にゴリラの赤ちゃんが誕生した。

母ゴリラが育児放棄をしたため、

現在は人間の手で育てられているという。

 

名前のつけ方がユニークなのである。

赤ちゃんの名前を一般公募して候補を5つに絞り、

名前を託した5つのボールを色分けして用意し、

ボールを庭に並べて、パパゴリラのご決断を待ったのである。

 

パパは迷うことなく、緑色のボールを選んだ。

その名は、“Hasani”(スワヒリ語)、“ハンサム”の意なのだった。

恐るべしパパの直感、洞察力である。

 

栴檀(せんだん)は双葉より芳(かんば)し

(=大成する者は幼少時から優れているの意)というが、

パパがつけた名の通り、

大きな瞳にどっしりとした鼻で超イケメンなゴリラ。

大物になる気配の、重さ13ポンドの“ハンサム”君に、

私はすでに釘付けとなっている。

「ボンちゃん。ボンちゃんは世界一カッコイイよ!」

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 月誕生日 | トップページ | 偉大なる野良猫様 »