« にょろにょろぺろぺろ | トップページ | “カイス君の祈り” »

2011.05.30

緑黄赤の風景

同じ場所であっても、時が変われば同じ風景はあり得ない。

日頃、何気なく見ている信号を、

写真に撮って見てみたら緑が左に位置していることに気づいた。

毎日のように、よく見ているはずの信号なのに、

案外、自分に必要な情報しかとっていないものなのかもしれない。

Semaforo2   

同じ夜の同じ場所で撮られた交差点の写真3枚を見比べてみたら、

緑信号、黄信号、赤信号、

それぞれの風景に若干違った印象を受けることにも気づいた。

車、バイク、人、ライトの数などの違いによっても印象が変わる。

Semaforo1

そういえば、小学生の頃、遅刻や早退をしたりすると、

通いなれた道が見知らぬ道に思えて不思議だった。

忘れ物をして、夜、学校に取りに行った時なんかは、

真っ暗な教室に向う心細さがそうさせるのか、

学校前の交差点の信号が、

唯一頼りにできる心強い味方に思えた。

朝渡る時は感謝などしないのに、

忘れ物をした時に渡る時だけは心底感謝していて、

同じ信号が、

やけに落ち着いていて威厳が感じられたのを覚えている。

Semaforo3

人は、

同じリズムで過ごしていると、

次第に慣れてきて色んなことが見えなくなるものなのかもしれない。

人は、

同じ風景を見ていても、

心次第で見えている景色は全く異なっているものなのかもしれない。

 

「ボンちゃん。ゴリラも心次第で世の中の在り様が変わって見える?」

|

« にょろにょろぺろぺろ | トップページ | “カイス君の祈り” »