« 柴又にふらり 2 | トップページ | 人それぞれ »

2011.05.23

柴又にふらり 3

『男はつらいよ』にも出てくる柴又帝釈天、題経寺は、

日蓮宗寺院として、

寛永6年(1629年)に開創されたという。

Shibamata2

彫刻の素晴らしさでも有名。

Shibamata12

お猿さんの彫刻が多く目に着く。

そういえば、帝釈天の縁日は庚申の日。

庚申信仰とも関連して猿の彫刻が多いのだろうか。

Shibamata11

境内を歩いていると、

笠 智衆演じる御前様に会えるような気が今でもする。

Shibamata10

干支の彫刻もあった。

地味な雰囲気な中に、

細部に渡って精巧な装飾彫刻が施されている。

Shibamata9

源ちゃんがついていた鐘。

Shibamata131

参道の古い店に、

店番中の

寅さんを知ってそうな猫がいた。

Shibamata132

寅ねこじゃないけど、

寅さん知っているよ、って顔してない?

 

「ボンちゃん。帝釈天にゴリラの彫刻は見つからなかったよ」

|

« 柴又にふらり 2 | トップページ | 人それぞれ »