« ああ、ラッキョウ | トップページ | “モロコの祈り” »

2011.06.16

トマトスパゲッティ

以前、イタリア人の友人からトマトソースの作り方を教わり、

それ以来、

パスタやピザを作る時には必ずそのソースで作るようになった。

それが簡単でありながら、美味しいので作り方を記してみたい。

 

トマトソース

材料

トマト (大)1ケ又は(中)2ケ (皮は湯剥きしておく)

トマト缶(イタリアのトマト) 1本

エクストラバージンオリーブオイル 大さじ5位(お好みで)

ニンニク 1片程度

水 トマト缶から中身を出した後に洗うように同量

オリゴ糖(無ければ、砂糖) 少々

 

〈作り方〉

深めの鍋にオリーブオイルとすりおろしたニンニクを入れ軽く炒め、

他の材料を入れ、甘みが出る程度まで細火で煮る。

これでトマトソースは出来上がりである。

※友人曰く、日本の一般的なトマトはイタリアのトマトと違って、

青臭さが強く種が苦いことが多いから、

熟れ過ぎたような真っ赤なトマトを使うことが理想。

或いは、フルーツトマトのように甘みが強いもの。

そうでない場合は若干の糖分を足す必要あり。

 

え?トマトソースに塩分ゼロ?

と、思う人もいるかもしれない。

私は教わった時に、そう思ってビックリしたのだが、

塩はトマトソースを作る際には入れず、

パスタを茹でる際に、

少しショッパイかな…と思う程度の塩を入れたお湯でパスタを茹で、

茹であがったパスタとトマトソースを和える時に、

そのパスタ湯を足しながら塩加減を調整するのである。

 

本当にシンプルなトマトソースのパスタはこれで出来上がり。

お好みでエクストラバージンオリーブオイルや胡椒をかけたり、

好きなチーズをのせたりして、

バジルを添えれば本格イタリアン、トマトスパゲティの完成!

 

Buon apetito!!!

 

「ボンちゃん。ゴリラはトマトスパゲッティ、好きかな?」

|

« ああ、ラッキョウ | トップページ | “モロコの祈り” »