« 輝け!みたらし団子 2 | トップページ | 菖蒲七福神 »

2011.06.05

マクロステモン星人

数年前のある日、ひょっこり我が家に現れた。

すぅっーとした細い首に不釣り合いな大きさの丸い頭をのせて、

ゆーらゆらと風に揺れながら。

それが、ノビルの印象だった。

ノビル(野蒜)とは、ユリ科ネギ属の多年草である。

5月頃、気付けば、すぅーとした姿で地上にいる。

Nobiru0

6月頃、紫褐色の固い小さなボール状のものを身にまとい出だす。

ポコポコと突起した小さなボールからなる球体のような頭が、

細い首にのっている姿は、心惹かれるものがある。

Nobiru1

その地味な在り様からは、

優美な花を凌ぐほどの強い個性を感じる。

只者ではないと私は思っている。

別の星からやってきた星人なんじゃないか…と。

学名から考えても、星人の線は濃いように思うのだ。

Nobiru4

Allium macrostemon アリウム・マクロステモン。

アリウム・マクロステモン星人、ピッタリくるではないか。

ふらりと寄った地球に、

居心地の良さを覚えて住みだした星人なんじゃないかなあ……。

今年数えてみたら15いたから、

確実に、少しずつ地球に子孫を増やしているのだ。

Nobiru2

ポコポコした球体は、

1週間位が経つと一つずつ小さな花を咲かせる。

Nobiru5

といっても、人間には花に見えるが、

マクロステモン星人の体の一部なのかもしれないヨ。

Nobiru6

色白黒髪、長身で華奢な大人びた顔立ちの美少女を連想させる。

Nobiru3

マクロステモン星人は、今日も美しい姿で風に揺れていた。

 

「ボンちゃん。ゴリラは地球で異星人の存在を感じる?」

|

« 輝け!みたらし団子 2 | トップページ | 菖蒲七福神 »