« via lattea | トップページ | 太陽の子分 »

2011.07.11

さそり座

いったい星座は空にいくつあるのだろうか?

気になって調べてみたところ、

88個あった。

それらは世界共通の星座で国際天文学連盟が決めたもの。

夏の星座を列挙してみたい。

かんむり座 ヘルクレス座 りゅう座 へび座 へびつかい座

てんびん座 さそり座 おおかみ座 こと座 はくちょう座

こぎつね座 や座 いるか座 わし座 たて座 いて座

みなみのかんむり座

 

その一つ、さそり座の話。

さそり座の主星は1等星、赤色のアンタレス。

火星も赤色、アンタレスも赤色、

ふたつが近づいた時に赤さを競って見えることから、

アンタレスの語源は、「アンチ アレス」、

意味は「火星の対抗者」なのだという。

よほど星座に詳しい人でない限り、

広い夜空で星座を見つけるのは難しいように思うが、

お月様を見つけるのは簡単。 

今夜、8時ごろ、南の空の低い辺りにお月様が見える。

そのすぐ近く、

お月様の少し左側、やや下部に、

赤く煌めいている星が見える。

それが、さそり座の心臓、アンタレスである。

さそり座と言えば、

私は、春夏秋冬どの季節でも、

昼夜問わず地上で肉眼で見える、さそり座なのだヨ!

天空のさそり座と酷似している点を挙げるならば、

心臓が赤いことぐらいだろうか…。

ニッヒッヒ!ψ(`∇´)ψアカイ シンゾウ モッテルヨ!

 

↓ プラネタリウムを発見。 NHK 宇宙チャンネル
http://www.nhk.or.jp/space/planetarium/

 

「ボンちゃん。アフリカに住むゴリラは星を眺めながら眠れるけれど、日本の動物園のゴリラは、やっぱり天井を眺めながら眠るしかないんだよね…(´;ω;`)ウウ・・・」

|

« via lattea | トップページ | 太陽の子分 »