« 空の唇 | トップページ | 空の青さの中で。 »

2011.08.30

作り方…ヘルシーカレー

ここ十年ほどはカレーを作る時はカレー粉から,

お肉の代わりにシャケ缶を使って作っている。

ヘルシーカレーの作り方を記してみたい。

ご紹介するカレーは、

具が溶けてほとんど見当たらないタイプのもの。

カレールウは、

少量のオリーブオイルをフライパンに入れ、

カレー粉と小麦粉をきつね色になる程度まで炒めたもの。

カレールウ以外は、基本的には通常のカレーと同じだが、

最も重要な点は、玉ねぎを兎に角よく炒めることである。

 

ヘルシーカレーの作り方

〈材料〉

カボチャ、玉ねぎ、ニンジン、ナス、トマト、セロリ、しいたけ、マイタケ、シメジ、ニンニク、生姜、あればローレル

※カボチャを使うと、ジャガイモより甘く仕上がるので私はカボチャ派。

シャケ缶

最終段階用・・・ケチャップ、ソース、麺つゆ、醤油、酒、豆乳、オリゴ糖、オリーブオイル、塩、コショウ

※豆乳は一番最後に入れる。

カレールウ用・・・小麦粉2 : カレー粉1  オリーブオイル適量

 

①厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、

みじん切りの玉ねぎ、ニンニクを弱火で焦がさないように炒める。

※辛い中にもまろやかさを感じる味の重要ポイントとなる。

きつね色になるまで、

(;´д`)トホホ……もう疲れた…と思う程度まで炒めるのだよ。

それから、一口大に切った野菜とすりおろしたショウガを加え、再びよく炒め、塩コショウし、最後にシャケ缶を加える。

※トマトは湯むきしたもの。

②水を加え、ローレルを入れ、中火で煮込みながら、あくを取り、弱火で約15分程度煮込む。

③いったん火を止め、ローレルを取り出し、粗熱をとり、カレールウを溶かしながら入れ、弱火で約10分ほど煮込む。

④最終段階 ケチャップ、ソース、麺つゆ、醤油、酒、豆乳、オリーブオイルなどを加えながら味の調整をはかり、弱火で5分程度、木べらなどで混ぜながら煮込み、いったん火をとめ粗熱をとり、再び弱火で5分程度煮込む。一晩置き、再び5分程煮込む。

※粗熱をとり再加熱を繰り返すと、カレーが馴染みまろやかになる。

※焦げやすいので要注意。

できあがり

 

Buon apetito!

「ボンちゃん、ゴリラはカレー好きかな?」 

|

« 空の唇 | トップページ | 空の青さの中で。 »